<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

「イタリアらしくてカッコよかった」

この言葉、トリノ・オリンピックの閉会式が終わって、トリノの小学生がインタビューに答えていた声。ただこれだけで、別にこれ以上クローズアップされたわけではないけど、この言葉がすごく印象的に聞えました。「誇りを持つ」という意識の美しい形と受けとめたというか。今の日本人ならおそらく言わない(言えない)言葉かもしれません。自虐の度が行きすぎて入るような面がある日本人は、それを謙遜として美化しているところを通り越して卑屈になってしまっている、と思うのです。これは、私だけじゃなくて日本をよく知る外国人もよく指摘することで、実際そう思われても仕方がないと思います。日本の風景ってきれいだし、文化だってもっと自信を持っていい。料理もうまい!
自分の仕事誇りを持っている人が輝いているように、自分の国に誇りを持たないと(嫌味にならない程度に)国だって光らないって思うし
f0050637_23141261.gif

[PR]

by bunaziua | 2006-02-28 22:51 | 時事ネタ  

イナバウアー

本日の付録:
アラカワのイナバウアーってこんなに鮮やか&スゴイんだ・・・・と。
同じイナバウアーでも、銅メダルのサーシャ・コーエンとの違いも歴然。左が荒川静香、右はサーシャ・コーエン。
f0050637_23393099.jpg
f0050637_23402537.jpg
[PR]

by bunaziua | 2006-02-27 23:40 | 時事ネタ  

クレオ、病に伏す(伏してないけど)

f0050637_1549760.jpgいわゆる風邪の一種というか。1週間くらい前からゴホゴホッっとやっていて、念のため病院にっ連れて行ってみる。食欲も旺盛、元気いっぱい、咳をする以外は別段変わったことはなかったものの、悪くすると肺炎になることもあると言われ・・・・(怖)。これまで動物病院とは無縁のペットばかりだったので、今回は改めて病院を有難く思った次第。

今回は家から歩いていける動物病院に病院を替えてみた。前の成城の病院はいい先生なんだけど、なんとなくソツがないという感じで可もなく不可もなくという無難な診察と人当たりで、こんな感じならもっと散歩がてら行けるようなところがいいな、と思い家から徒歩圏内に3つある病院からこの動物病院をセレクト。ココ大正解でした。先生はじめスタッフ全員女性。女性の持つやわらかい雰囲気と、すごく自然で明るい対応の印象が◎。設備もヨシ。先生もかなり親切丁寧。こちらもなんか安心できる雰囲気。病院っていうより雰囲気は保育園のような感じがするというか。(ちなみにクレオは先週よりも200gも体重アップで1.8Kgに。成長期ゆえ普通だとのこと)

風邪をひいたクレオは薬も飲まされて可哀想だけど、まあいいかかりつけが早い段階で見つかってよかったよかった。しかも年間保険料の元をとったという意味で偉いぞ!クレオ。(←なんだかちょっと違う・・・・)
[PR]

by bunaziua | 2006-02-27 23:00 | 家族/クレオ  

私設ハトバス観光ガイドの1日

f0050637_23291158.jpgベルギー人の知人Jan(ヤン)がブリュッセルからやってきた。初来日の27歳。知的な感じで、品のあるいー感じの好青年。金曜に成田に着き、翌日を1日奥様と共に3人で東京中をドライブ。アジアの街の人の多さ、看板の多さ、見るもの全てがかなり新鮮だったようだ。古い街並みのブリュッセルに比べて東京はなんと近代的なことか。そして外国人がよく指摘することに東京の清潔さに皆驚く。デジカメで撮っているものがまた面白い。屋根から給油パイプがぶらさがっているガソリンスタンド、機械式立体駐車場、高層ビルから見下すと見える隣のビルのヘリポート・・・うーん、やはり日本人にはなかなか気が付かないところに目線がいくようです。高層ビルは、とりあえず六本木ヒルズの53階から東京のパノラマを望む。四方が地平線まで続く東京の夜景は、さすがに写真バチバチ。さて観光コースは・・・・・

皇居まわりを一周 → 首都高に乗りレインボーブリッジ → お台場 → 羽田空港 →銀座・日本橋 → 青山・表参道(ランチ) →明治神宮・代々木オリンピック公園 →西新宿の高層ビル街 → 新宿東口 → 六本木ヒルズ → ホテル
結構テンコモリでした。

ところで彼、6月から名古屋でブリュッセルからの転勤で2年間勤務することに。日本語は勉強中、、、だが、まだ勉強開始1ヶ月目。フラミッシュ(フランダース語)と英語しか話さないのに、いきなり日本で生活って大丈夫かなあ、、、と思いつつ、近くならサポートできるけど名古屋じゃちょっと遠い。日本ってつくづくまだまだ外国人が住みにくい国だなあと思います。

追伸:今、ヒルズの森美術館でやってるBerlin-Tokyo展は個人的に結構面白かったです。
[PR]

by bunaziua | 2006-02-27 00:21 | 友人知人  

機内誌評論

f0050637_12472827.jpg機内誌って好きなんです。我が家には常に最近1-2ヶ月の出張や遊びで乗った飛行機の機内誌が常備?されていて、ちょっとヒマなときにパラパラめくったり。機内誌って表層的にはフライト中の顧客サービスの一環である一方で、実は航空会社や、あるいは国家ブランドを背負った企業側からのアピール/コミュニケーションツールで、莫大な費用をかけて制作される航空会社にとっての「広告」です。個人的に、それゆえに機内誌はその国の文化的背景や美術的なセンス、あるいは顧客心理の採り込みの仕方や考え方が凝縮された「アート」だと思っていて、そういう意味で例え読まないで眺めるだけでも楽しい。ではちょっとにわか批評家になっていくつか独断コメントを。

◇オーストリア航空 -----Skylines
デザインは企業イメージの赤・白が機体デザインと共に機内誌にもいかんなく反映され透明感があってなかなか。好感の持てる品のある仕上り。ドイツ民族らしいデザインゆえに日本人受けもいいのかも。(今はルフトハンザ・グループ傘下)

◇日本航空 -----Skyward 
個人的に毎月表紙に使う写真のセンスは好きなのですが、企業イメージの訴求が機内誌にはなく、機内誌が独立した雑誌のような感じになっているのが残念。もっとリンクさせればいいのに。記事は良質なものが多いが、左開きの英語版は世界的なビッグキャリアの割に貧弱過ぎ。っていうか、JALさんは「安全運転」と「家内安泰」でお願いしますね・・・・。

◇KLMオランダ航空 -----holland herald
デザイン的にはちょっと・・・・。後半は機内販売誌。記事のボリューム・内容も物足りないかな。また、日本人向けに別冊機内誌の<和蘭>があるのは嬉しい。(先月よりエールフランスと合併したことでAFと共通のものに)

◇エールフランス -----Bon Voyage
フランスらしいプライドとセンスを感じる。記事と写真の融合が見事でフランスへの旅や、旅先での期待感を高揚させるうまい演出が必ずある。あまりサービス面で好きではないキャリアなのだけど、機内誌に関して言えば◎。日本語版も別にあり。

◇フィンランド航空 -----Blue Wings
なんかダメダメ。「北欧」の一角を成すだけに私のデザインに対する期待度が高すぎるゆえか。。。内容も薄い感じ。特集記事一本で以上!という感じ。ついでながら、すごくA4を少し大きくしたような変形サイズ(新聞をまとめるときに、こいつだけ曲がってしまうような)も、読みにくいし捨てにくい(←?)

◇大韓航空 -----Morning Calm
ハングルが読めないので、写真だけ眺めるとなんてかいてあるのかスゴク気になる。デザインはイマイチだけど、コンテンツボリュームはかなりのもの。そういえばヨン様インタビュー記事が載った際には日本向けに増刷したらしい。

◇ノースウエスト航空 --World Traveler
なんかよく乗るでの見なれていて読みやすい。可もなく不可もなく。アメリカらしい無難さ。日本語版は隔月で発刊。
[PR]

by bunaziua | 2006-02-26 01:00 | アート/音楽  

「おめでとうございます!」の鐘の音と共に。

ふと気が付くと家の砂糖が在庫切れ。あんまり砂糖を使った料理はしないし、コーヒーもブラックなのであまり我が家ではステータスは低い調味料。

f0050637_14173735.jpgそれで思い出したのだけど、大学の時1人暮しをしていて近所のスーパーで買い物をし「お買い上げ***円以上で1回くじ引き!」みたいなのに、何気に参加したところ、砂糖1年分!が当たってしまったのです。(すっげー迷惑。泣きそう。邪魔だし。) なんか、たしか1Kgの袋が段ボール1箱くらいあったんじゃないかな。どういう換算で1年分の砂糖が算出されるのか今だ疑問。この量は夫婦に子供3人、しかも夫の両親は健在な上に、曾お婆さんも、、、みたいな規模を想定しているとしか思えなかった。当時バイトしていた塾に分割して持っていて、かろうじてさばいたものの・・・・。

当選してもぜんぜん嬉しくなかったことNo1です。期待して応募したのにティッシュペーパー、みたいな感じの方が後腐れなくて自分的におっけーなんですけど。あるいは、年賀状の抽選の切手当選とかの方が、なんか嬉しかったりします。
でも、よく聞くこの手の消費財なんかを「1年分」とかって、実際どうなの?まとめてもらっても嬉しいもんかな。しかもその1年分の量の根拠わかんないし。サラダ油1年分とかトイレットペーパー1年分とかって嬉しい?

そういえば、、、大学時代の友人Fは、
「トイレットペーパーは大学のトイレから持って帰るので、買ったことがない」
と自慢してました。(←お前、それってドロボウ・・・・)
[PR]

by bunaziua | 2006-02-24 23:44 | 独り言  

スゴイぞ、荒川静香!

f0050637_23255288.jpg短信。早起き男なもので、イタリア時間に合わせることなく女子フィギアを見る。いやあ、スゴかった、荒川静香。我が家ではそんなに冬期五輪は盛り上がってないものの、日本人としては、全くメダルがないってのも寂しいなあとは思いつつ、この快挙。

トップ選手達の相次ぐ失敗はあったとはいえ、演技は見て納得の「金」。荒川は日本選手権で金も獲っていたし、今回もメダルには届くかもとは思っていたものの、まさか金とは・・

演技の伸びやかさと全身をいかんなく使って表現した動きは、素人の自分でも素晴らしいと思えたし、それに銀のロシア、銅のアメリカの選手に比べても長身でスタイルの良さ、そして笑顔の良さ。冬期五輪の種目は骨格や身体的な面でアジア系は損をしてしまうことも多い中で、それだけでも欧米人に比較して荒川は近年稀に見る肉体的・ビジュアル的なアドバンテージを備えていたように思う。かつての渡部絵美や伊藤みどりは、テクニカルはすごかったのだろうけど、なんとなく小さくちょっと小太りな印象の肢体で銀盤を舞う姿は、欧米人選手と比べるとそれだけで損してるようなところがあったのではないかと思うのは率直な感想。(別に外見がどうの、という話じゃないですが) 欧米でも彼女はCool Beautyといわれているらしい。おめでとう!

関係ないけど、荒川って妹にそっくりなんだよなあ。(スケートなんてやらないけど)
[PR]

by bunaziua | 2006-02-24 10:34 | 時事ネタ  

「株」の話

f0050637_11261013.jpg株やってる人も多いでしょうね。私もささやかながら持っていますが、株価を見て一喜一憂したり、頻繁に株価チェック、、というようなこととは無縁です。まあ、最近の株の復調傾向は、株を持つ一般市民としては嬉しい傾向。私はBRISsとか、強いては中国・インド株とかではなく、基本は日本株(復調も信じて)です。リスクヘッジの分散も大切ですが、少額でも日本の元気に貢献したいんです。

ホリエモンに続きライブドアの現社長まで逮捕されました。一方で、ライブドアに見られるような拝金主義的な行為、株価操作とか、個人のデイトレーダが一夜にして何億も儲けを出したり、となんとなく株に対するある種の後ろめたさというか、ネガティブなイメージを持つ人が日本人に多いのは事実。でも、少子化で子供もいないし、老後は蓄えだけでは20年以上年金だけでは生活できないし、やはり自衛として若いうちからの株はやはり「知恵」だと思うのです。株で一攫千金を狙うような輩は、個人的に私は好きじゃないです。(偉そうですけど)

欧米では子供達に対して、株を含めた「お金と社会のかかわり」を教えています。これってすごくいいことです。株を買うということは、よい商品を作ったり社会に好影響を与えたりする会社に出資することにより、その会社を応援し社会に参加することです。個人的に儲かればいい、という考えの人間が株に対する間違った認識の中で運用することで、ネガティブな株のイメージが醸成されると思うのです。だからこそ、株や投資の仕組みを教える「お金の教育」が子供の頃から必要なのでは?と思いますね。子供達にお金は万能ではないこと、株は儲けの手段ではなく、何よりももっと広い目で見ての社会貢献のリターンであること・・・・お金は心に余裕を持つための保険のようなものであって、お金に執着しすぎる人間ほど株を愛し株を憎むんだと思うのです。なんか、最近よく株に対して「変な見識」を持った人が定期的に?私の周りに現れ、それを実感します。

以上、本当は子供のうちに受けてほしい授業の「大人のためのお金の授業」でした・・・・。
[PR]

by bunaziua | 2006-02-23 23:46  

ルーマニア・クルマ事情

f0050637_11165659.jpg先日のクルマの話題の延長上で、本日も引き続きクルマの話題。一昨年、ルーマニアで「日本語-ルーマニア語会話集」を出版したのですが、その際にクルマに関する会話で、まず日本人にとっては、普段「あり得ない」ことではあるものの、必要なセンテンス(というか、日本人であれば聞きたくなるセンテンスというか・・)として入れたものに下記があります<笑

Nu aveti masini cu comanda automata ?
「オートマティック車はないですか?」
→ないでーす。オートマって高級車以外は基本的にかなり珍しいです。

Pot marge pe zapada cu aceste cauciucuri ?
「このタイヤで雪道を走れますか?」
→溝の跡さえ確認できない「つるつるタイヤ」でも雪道走ってます。答えは「Da!(Yes)」。

Exista sistem de alarma ?
「防犯システムはついてますか?」
→システムっていうかー、ハンドルにかませるハンマーみたいなストッパーとか。ちなみに
  カーナビをお求めなら、日本的な詳しい道路マップさえないですから諦めてください・・・・
Putem parca aici ?
「ここに駐車してもいいですか?」
→そんなこと聞く人いませんから。早い者勝ち。でも日本人としては聞きたいわけで・・・・

Am pana de caucicu.
タイヤがパンクしました。
→自転車の話ではありません。クルマのタイヤの話です・・・・・

Se aude un zgomot ciudat la motor.
エンジンから変な音がします。
→うーん、実感ないけどありえるんです。非常に大切なセンテンス。

Motorul se supraincalzeste.
エンジンがオーバーヒートしました。
→もしかして多くの日本人にとっては「初体験」では。

Iese fum.
煙が出ています。
→このセンテンスが必要になったアナタはいい思い出ができるはず。

Nu functioneaza farul de pe partea dreapta.
右側のライトがついていません。
→これもありがち。

Motorul da rateuri.
エンジンがかかりません。
→オートマで「P」になってないとかいう問題じゃなくて、マジで壊れちゃったんです。

Ma puteti impinge ?
押してもらえますか?
→涙

Ma puteti remorca ?
引っ張ってもらえますか?
→号泣

Nu functionneaza caloriferul.
暖房が効きません。
→たくさん人が乗れば暖かくなります。(窓は曇ります・・・)

なんとなく状況見えます?ルーマニアの名誉のために言っておくと、それでも最近は西欧の高級車やルーマニアメイドのダチアというメーカーの新車も多いです。同時に10年20年モノの「トヨタ・パブリカ」みたいなスゴイのも排気ガスを撒き散らしながらまだまだたくさん走ってる。トヨタのVits(Yaris)なんかは結構高級車に見える感じ。ダチアはそもそもチャウシェスクが国家プロジェクトでつくった車メーカーですが、今は名前だけで資本も技術も100%ルノー。実質的なルノー車。ダチアの「ロガン」はルノーの戦略車で約70万円からのラインナップ。ちゃちいですが、国内と輸出先でバカ売れしてます。輸出もしているんだけど、ただ実際言われている販売好調!という割りには、他の東欧・ロシア各国を歩いてもあまり見かけないし、一部西欧にも輸出してるらしいけど、見たことがないんだなあ・・・・・。OEMで別ブランドになってるとしても、そもそも東欧でルノーは少ないし。(プジョーの方が見た感じ多いかな)バンコクやクアラルンプール、中国の都市の方が断然いい車が走ってる、、、というのが見た目の印象です。

さあ、上記のリンクでダチアをチェック!すごく欲しくなったら輸入代行請負います<ウソ
[PR]

by bunaziua | 2006-02-22 22:56 | ルーマニア  

オチャメな英国人

なんかイギリス人って自分の車に声を掛ける人が半数以上だとか。以下、イメージスクリプト。

【出かけるとき】f0050637_926370.jpg
「おはよう、さあ出掛けるか」
「今日もよろしく頼むよ」

【乗ってるとき】
「いいぞ。今日も元気だな!」

【車を離れるとき】
「ちょっと言ってくる。いい子で待ってろよ」

【家に帰ったとき】
「今日もよく頑張ったな!」

って感じ?愛車に名前をつけている人も珍しくないらしい。なんかその辺はかなり日本人と英国人の「精神構造」の違いを感じつつ、思わずじーーッと奥様の顔を見てしまう。

思うに、自己流の分析としては、このことは精神構造っていうより車の性能に比例するのではないかと仮定。日本車って一様に高機能・高品質で、皆4-5年で乗りかえる傾向がある一方で、例えば古いローバー・ミニとかFIATなんかがポコポコとエンジン音をたてて、「一生懸命」走っていたり、時にはクラッシュしたり、、、という人間臭い車だったりすると、そこに親近感とか「愛」が沸き起こり、思わず「頑張れよ!」とか声をかけたくなっちゃうんではなかろうかと。そして名前がつく・・・・そういう意味じゃ、日本車だったら昔のスバルとか、メーカーでいうとフィアットとかシトロエンあたりはイメージ的にオーナーが名前をつけていそうな感じがします。あとはちょっと違った意味で、ロシア最大の自動車メーカー、アフトワズとか。
[PR]

by bunaziua | 2006-02-21 09:17 | 独り言