<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

フランスな我が家

f0050637_11595841.jpg先週から2週間、友人のフランス人カップルが我が家に居候しています。彼の方はソルボンヌから上智大学への留学を経て日本での勤務経験もある日本通。僕の弟分のようなヤツです。彼女は今回初対面。聞いてビックリの20歳。(彼は33歳)

毎晩僕は遅い帰りながら、夜な夜ないろんなものをつまみにワインやら焼酎やらアルコールらしきものをなんでもかんでも4人で飲み続けている日々です。

いやはや、フランスの生情報は貴重です。
彼にとって2年ぶりの日本は、いろんな面でやはり日本のビジネスや街の仕組みは人の意識の面でも非常に進んでいると。彼曰く、基本的にフランス人は怠け者だし、外国のことを知らない人が多く英語を話す人も少ないからすごく内向きで自分達の世界が「普通」だと思ってる節がある、と。若者の失業問題を含めた雇用問題や、移民問題、日本とは比較にならない貧富の差と、停滞する経済とそして治安・・・・日本人が観光地でいく美しく整備された街の裏側、あるいは駐在員として赴き自分達と同じ階級(レベル?)とだけの付き合いだと見えてこない風景が彼らの話から見えてきます。

彼自身、日本の大手企業をやめフランスで今は楽器製作というすごくマニアックな自営業をプロヴァンスでしています。年収にして日本の大卒程度の収入とか。フランスでは起業したり、何か事業を始めた際には政府からの援助として税金年金類の免除などがあって、最低限の生活ができるよう補助があるようで、それがあるので食べるには困らないと。ただ、日本人としては単純に「それは素晴らしい仕組みだね!」と思うところが、フランスでは結局それが若者をはじめとして安易に職を離れて補助金で生活する人が増えるという悪循環になっていると。日本のように、政府はあまり保護していないからこそ起業する覚悟のようなものがあり、経済の躍動を街の中に感じると。1週間35時間という労働時間も、多くを占める一般市民からは不評で、もっと働いて収入を増やしたいのに働けないことが問題となり延長する方向に動いているとか。基本的には、裕福な人には優しい社会構造になってると、彼は言う。

実際、フランスに住む友人の多くが、やはり同じことを指摘していて最近の暴動や労働者のデモに見られるフランス社会に巣食う社会問題が、ここ数年さらに大きくなってきたように思います。観光や短期留学などではわからない、住んでみてわかる真実っていうヤツでしょうか。まあ確かに最近のフランスは客観的にも見てもいろんな問題を多く抱えているように見える国の1つ。もちろん、日本もそうだし、問題がない国っていうのはないけれど、結局、僕が思うのは、

「幸せは住む場所や国ではなく、結局は自分、人でしょ」

ってこと。さてさて、サルコジとロワイヤル、どちらが大統領となるか・・・。サルコジっぽいね。
[PR]

by bunaziua | 2007-04-24 23:27 | 時事ネタ  

Happy Easter.

f0050637_2104090.jpg
f0050637_2111834.jpg
イースターということで。5カ国にわたるヨーロピアン・パーティーが開催されました。。各国料理が並びます。って皆食いかけですが・・・。 写真はお馴染み、ママリガとサルマレはルーマニア人夫婦のお持ち込み。f0050637_2113710.jpg
[PR]

by bunaziua | 2007-04-08 21:03 | 家族/クレオ  

遅ればせながら桜の話題

f0050637_16274337.jpg


気がついたらもう4月に入って、しかも、4月と同時に散り始めた東京の桜。
すべり込みセーフで、先週末に近所の公園で桜を見る。
本当はクレオを連れて行きたいと思いつつも、この手の公園は犬連れ禁止令状態なので、仕方なくクレオは留守番。千葉より駆けつけた友人夫婦+2歳児くんと共にプラプラと家の前の桜並木を歩くこと10分くらい。なかなかの人出ではなったものの、さすがに千鳥が淵のような、雑人的な混み様ではなく。

クレオも、赤ん坊とはおそらくテレパシーで会話をしているのか波長が合うらしく、おもちゃの取り合いを本気でしてるし。

それにしても早い1年だったなあ、と。
この勢いですぐ5月になり入梅し、、、、と思うと襟を正す思い。
連休中はどこか近場で出掛けたいと思いつつ、来週末あたりはそれこそ本当に近場だけど河口湖あたりにドライブすれば、また桜が見られるのではないかと2人で画策中。
[PR]

by bunaziua | 2007-04-03 20:27 | 家族/クレオ